KDAN 公式ブログ

【クリエイティブとは】意味や仕事の種類、広告業界での使われ方を解説

クリエイティブとは

DXやAIなどのデジタルが進化してきている現代社会で、「クリエイティブ」という言葉を聞く機会が増えた方も多いかと思います。しかし、クリエイティブってどういう意味?と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、クリエイティブの意味に関する基礎知識から、クリエイティブな人の特徴、クリエイティブな仕事や職種、最後にクリエイティブな仕事に関連したアプリをご紹介していきます。

『クリエイティブ』とは?

  1. 新しいモノを自分の手で作り出すさま
  2. 広告素材や制作素材、制作部門そのもの

1は、一般的に使われる言葉ですね。語源から見ても日常会話で使われていてもまったく不思議ではない意味です。そして2は広告業界や制作業界で使われる意味ですね。仕事で「クリエイティブ」という言葉を聞き、調べてこの記事にたどり着いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、クリエイティブ の語源は英語の形容詞「creative」で、創造的な・創造力がある・独創的という意味です。日本語でも、個性的な発想や表現ができたり、独創的な人を「クリエイティブな人」と呼んだりしますよね。

クリエイティブには以下のような使い方があります。

作ったものや作った人のことをクリエイティブと呼ぶ場合

「クリエイティブ」は物事や考え方に対してや、それを作り出した人に対しての両方に使える言葉です。

「クリエイティブな方法で解決する」という事も、「あの人はクリエイティブだ」と言うこともできます。

広告自体をクリエイティブと呼ぶ場合

広告業界において「クリエイティブ」という用語は、広告のデザイン、コンセプト、文章など、広告そのものを「クリエイティブ」と称しています。

例えばmeta広告では、「広告の視覚的な要素とテキストの要素」をクリエイティブと呼んでいます。

インターネット広告ではバナー広告だけを指して使われることがしばしば見られますが、本来は画像や動画形式に限らず、テキスト広告も含む呼び方です。

  • 広告素材をクリエイティブと呼ぶ場合

広告業界では、広告の製作物を指す言葉として「クリエイティブ」を使います。

広告素材としてのクリエイティブには3つがあります。

    • バナー広告:画像やアニメーションによる広告
    • テキスト広告:文字による広告
    • メール広告:メールによる消費者への広告

インターネット広告においては、「クリエイティブ」といえば主にバナー広告のことを指します。

  • 職種・部門をクリエイティブと呼ぶ場合

「クリエイティブ職」や「クリエイティブ部門」といった職種を聞いたことありませんか?

例えば、クリエイティブディレクターという役職があります。

広告代理店やクリエイティブエージェンシーなどで、広告やマーケティングキャンペーンのクリエイティブ戦略を策定し、アートディレクターやコピーライターなどのクリエイティブチームを指導する役職です。CMのディレクションをするなど、とてもクリエイティブですよね。

  • クリエイティブ産業

「クリエイティブ産業」とは、クリエイティブなアイデアや芸術的な表現を基に、新しい製品、サービス、コンテンツ、デザイン、エンターテイメント、メディアなどを生み出す産業の広範な部門を指します。クリエイティブ産業は、芸術、デザイン、メディア、エンターテインメント、コンピューターゲーム、出版、広告、映画、音楽、テレビ、ファッション、アーキテクチャ、デジタルメディア、イノベーションなど、多くの分野を包括しています。

広告業界はもちろん、エンターテイメント業界、デザイン業界などが挙げられます。

クリエイティブな仕事とは?

ここまではクリエイティブとは?やクリエイティブな人の特徴や行動についてご紹介してきましたが、実際にクリエイティブな仕事とは何だろう?と気になっている方も多いかと思います。ここでは主なクリエイティブな仕事についてご紹介していきます。

クリエイティブな仕事1:Webデザイナー

クリエイティブ とは

Webデザイナーとは、クライアントから依頼されたWebサイトの担当、制作をする人のことです。クライアントからの要望に応え、全体の構成を考え、使い勝手が良く、魅力が伝わるようなデザインが求められます。

Webデザイナーになる為には、特別な資格などはありませんが、HTMLとCSSに関する基礎的な知識が最低限必要です。

HTMLとCSSは、Webサイトの構築やデザインをする際に用いられる言語です。比較的簡単な言語であるため、基礎的な書き方は簡単に身につけることができます。そうしたWeb制作に必要な知識は最低限として、サーバーやプログラミングといった上流の知識や、Webサイトに集客をしたり改善をしたりするためのWebマーケティングの知識など、幅広い知識を持ったWebデザイナーは重宝されます。

クリエイティブな仕事2:グラフィックデザイナー

数多くあるデザイナーの中でも特に人気のあるグラフィックデザイナーについて簡単に説明していきます。

グラフィックデザイナーの仕事内容は雑誌や新聞の広告、パッケージや看板、チラシなどの印刷物をデザインすることです。

クリエイティブな仕事3:映像クリエイター

映像クリエイター

映像クリエイターとは、テレビ・CM・映画・ネット・ゲームなど、あらゆるシーンで使用される映像を作り上げる人のことです。

また、近年YouTubeなどの動画が人気なので活躍の幅は広がりそうです。

求められるスキルなどに関しては、下記のとおりです。

    • 集中力
    • コミュニケーションン能力
    • 発想力

特に必須の資格などはありませんが、自分のスキル向上などのために映像系の資格取得は良い方法だと思います。

クリエイティブな仕事におすすめのツールを紹介

クリエイティブな仕事というと、どこか難しい部分がある不安や、特別な難関資格が必要なのでは?と考えた事は無いでしょうか。

ここまで、多くの「クリエイティブ」についてたくさんの内容をご紹介してきましたが、ここではそんなクリエイティブな仕事におすすめのツールについてご紹介していきます。

初心者からプロにまで愛用されているアニメーション制作アプリ「Animation Desk

このアプリはアニメーションを制作するのに優れていて多くの受賞経験もあるアプリです。

初心者からプロまで愛用できるスペックを持ち、多彩で豊富なブラシ、簡単なストーリーボード、デッサンやスケッチにより、直感的なアニメーション制作を可能にしています。

公式サイト:https://www.kdanmobile.com/ja/animation-desk

⭐ 無料でAnimationDeskを試してみる:iOS版Windows版Android版

モバイルでも簡単に動画編集ができるツール「Write-on Video

こちらは主に動画編集などに最適な動画編集アプリです。アニメーションでは収まりきらないサイズや容量の動画を作成できます。

アウトラインなどの動画編集のための基礎がしっかりしているので、初心者の方でも簡単に扱うことができる動画編集アプリです。

また、モバイルでも簡単に動画編集できるのが魅力的です。

⭐ 無料でWrite-on Videoを試してみるiOS版Mac版、Android版

マルチメディアに情報収集ができるメモアプリ「NoteLedge

デザイナーやコンテンツ制作者のために作られたデジタルノートアプリで、アイデアがひらめいた瞬間にマルチメディアで記録、ムーブボードが作成でき、クリエイティブプロセスを加速させることができます。

⭐️NoteLedgeを無料で試してみる:iOS版Mac版、Windows版Android版

⭐ おすすめ記事 
【おすすめビジネスアプリ15選】外出先でもビジネスを効率化!

クリエイティブ:まとめ

本記事ではクリエイティブの意味やクリエイティブな人の特徴・行動、クリエイティブな仕事、最後にDX化に欠かせないおすすめなクリエイティブツールをご紹介してきました。
クリエイティブな仕事は現代には多く存在します。今現在、クリエイティブな仕事をしてみたいと考えている人や面白そうな仕事だと感じた人はぜひチャレンジしてみてはいかかがでしょうか?

カテゴリー

%d bloggers like this: